骨盤ベルトについて

今日は骨盤ベルトについて書いていこうとおまいます。

妊娠中や産後など骨盤ベルトはした方がいいと言いうのはよく聞く事だとは思いますが、当院に来られる方でわりと多くの方があまり骨盤ベルトをちゃんと着用していないようです。

皆さん妊娠中や産後の骨盤ベルトの重要性をあまり深く考えていないようですね。ここからはなぜ骨盤ベルトの重要性を説明していきますね。

なぜ骨盤ベルトをした方がいいのか

・妊娠中

妊娠中であれば骨盤の負担を減らすためや切迫早産の予防のために装着する事をおすすめいたします。

妊娠中は子宮がどんどん大きくなってくる事とホルモンの影響で骨盤がゆるんでくるため骨盤の関節などの結合部に強く負担がかかってきます。

もともとの骨盤のゆがみが少ない方や筋力が強い方は骨盤への負担は少なくていられるのですが、もともとの筋力の弱い方や骨盤の歪みが強い方は恥骨、仙腸関節といったところに負担がかかり恥骨痛、股関節痛、殿部痛、坐骨神経痛、腰痛などがでる場合があります。

歪みが少なくてももともと骨盤底部が広がっている人や消化器系の臓器が硬い方などは子宮が下がりやすいので切迫早産になりやすかったりもします。

そういった負担やリスクを減らすために妊娠中の骨盤ベルトはつけるべきだと私は思います。

某大学病院の研究結果で骨盤ベルトをした状態としない状態では内臓の位置が変わるという報告がされています。骨盤ベルトをする事で内臓下垂が防げるといった研究結果がでているのです。

こういった事からも妊娠中も骨盤ベルトはした方がいいと思われます。

 

・産後

産後は出産により骨盤が大きく広げられている状態なので骨盤ベルトはするべきです。分娩時に骨盤周りの靭帯や骨盤底筋群が無理に引き伸ばされるため骨盤底部はかなり不安定な状態になっています。分かりやすく例えるなら骨盤が捻挫しているという事です。

足首などを捻挫したらサポーターや包帯固定しますよね。それと同じで捻挫したら固定しなくてはだめなのです。しかも骨盤は体の中心部で内臓の重みや体の内圧が強くかかるところです。

骨盤がゆるいと、この圧力が全て骨盤底にかかり人によってはうまく歩けないくらいグラグラになってしまいます。

こういった事から産後の骨盤ベルトをする事は非常に大切です。特に産後6週間は腹圧をかけない方がいいくらいなので必ず装着した方がいいです。

現代人はなかなかゆっくり安静になる事ができない環境になってきているので動くならなおさらです。

最低2か月間は装着して、できれば6カ月くらいまではつける事をおすすめします。私的には1年くらいやっていてもいいともいます。

出産前に比べると産後1年くらいは骨盤は不安定な状態ではあるのでそういった意味で1年くらい装着していてもいいと思います。

ベルトを付ける位置としては恥骨のラインです。だいたい股関節の横の出っ張った骨のあたりの位置です。骨盤の上の方に巻いてしまうと逆に骨盤がゆるむ力が働いてしまうので気を付けて下さい。

よくガードルタイプのものを履いている方もいますが私的にはあまりお勧めはしません。締めたいところ以外を締め付けてしまうのと筋肉を甘えさせてしまう可能性が考えられますのでベルトの方をおすすめします。

 

このように身体の負担が減らせることを考えると、妊娠中も産後も骨盤ベルトはつけた方がいいと思われます。

当院は産後骨盤矯正の専門院です。水戸市や水戸市近郊(小美玉市/常陸太田市/常陸大宮市/那珂市/笠間市/ひたちなか市/鉾田市)でベルトのことや産後のお悩みがある方はぜひ、なぎ整体院にご相談ください。