顎関節症

顎関節でこのようなお悩みはございませんか

顎関節症と言われている

■顎がカクカク音が鳴る


大きく口を開けられない

いつも違和感がある

顎が慢性的に痛い

硬いものを食べるのが怖い

顎から頭に響いてくる

顎が痛くてイライラする

■頭痛までしてくる

 

水戸市のなぎ整体院では顎関節の不調にも対応しております。顎関節症などの不調は放置しておくと顎が全く開かなくなったり頭痛や首痛など違う部位にも影響を出したりといろいろな不調を出します。そのうち良くなるだろうと放置せず、適切な処置を受ける事をおすすめします。
 

このような事が顎関節に不調をだします


顎関節に不具合を出す原因はたくさん考えられますが、その中でも当院で対応できるものについて説明していきます。

顎の骨(下顎骨)は頭の骨の側頭骨と言う骨と一緒に顎関節を構成します。この両方の骨が正しい位置、正しい形であり関節円板(関節内のクッションの様な物)、筋肉が正常な動きをすれば顎は異常なく働きます。顎に不調がある方はこのバランスが崩れた状態が考えられます。

水戸市のなぎ整体院ではこの崩れたバランスを整えていく事で、顎が正常に働くようにうなるという考え方で施術をしていきます。

下顎骨が頭の骨とつながっていることから、顎の状態を見る時は頭蓋骨全体を見ていきます。自分の顔を鏡で見て下さい。どちらかに顎が寄ったり目の高さが違ったり鼻が曲がっていたり頬骨の高さが違ったりしていませんか?そのような歪みが顎に不調を出す原因にもなってきます。頭の中の骨にあるの溝を神経や血管が通っているので目の不調や頭痛などもでてくる可能性があります。

そのような歪みができてしまう原因としていくつか挙げられるのが、いつも片側でよく噛んだり、同じ方のほっぺに手をついたり、同じ方の顔を下にして寝たり、身体の歪みの補正のためバランスをあわせるためにずれたり、などが考えられます。他にも歯ぎしりやストレスによる無意識な噛みしめなどの心理的なものやケガなどたくさんあります。

その様な状態に対して当院では足関節、骨盤の重力に対する歪みを調整し顎周辺の左右バランスの崩れた筋肉のテンションを合わせ頭蓋骨一つ一つのずれを調整して顎が正常な動きになるように誘導していきます

施術の流れ


■問診
img_20161130-195626.jpg

どこが痛いのか、どういった事でお悩みなのか、生活にどのような支障が出ているのかなどを問診していきます。
関節円板等を損傷しているような状態は当院では対応できないので、その場合は検査時に説明いたします。


■検査

img_20170308-131901.jpg
顎の位置、顔の歪み、左右差、開閉時のクリック音、口を開け閉めした時のずれ方、筋肉の圧痛、開口時指が何本入るか、頸椎の歪み、姿勢、重心等の検査をしていきます。

■施術

img_20170208-104744.jpg
足、骨盤、頭蓋骨、咀嚼筋の調整をしていきます。痛いような施術はほとんどないので安心して受けることができます。施術後は日常生活やセルフエクササイズなどを指導して終了となります。
 

顎関節Q&A


■施術期間はどれくらいですか

個人差があるのではっきりとは言えませんが目安としては5〜10回は最低でもかかります。顎関節の歪みは体の歪みよりも修正されにくいので状態によってはもっとかかることもあります。

■どんな状態でも施術は出来ますか

整体で対応できる状態にも限度はあります。口が全く開かない。痛みが強すぎるなどの状態は関節円板が損傷している可能性があります。その様な場合は当院では対応できかねますので口腔外科に受診することをおすすめします。初回時に状態を見て、きちんと適応、不適応は説明いたします。

■施術は痛いですか

施術自体は比較的ソフトです。痛みに個人差はありますが、我慢するのがつらいほどの痛い施術はありません。

■自分で気を付けることはありますか

もちろん施術をしただけではなかなか難しいことがあります。施術の時間よりも顎を使う時間の方が圧倒的に多いからです。噛み癖や生活の仕方を気を付けていただき、簡単なエクササイズはしてもらうことになります。そういった生活をしてもらわなければせ施術後の状態を維持しずらいからです。




 

頭蓋骨の構造


頭の骨は15種23個の骨(前頭骨、後頭骨、側頭骨、頭頂骨、蝶形骨、篩骨、上顎骨、で構成されて下顎骨と舌骨以外は縫合と言う縫い目の様なつながり方をしています)その中の側頭骨と下顎骨で顎関節を構成しています。
顎を関係する筋肉は咀嚼筋(咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋)主に下顎骨を頭蓋骨と結合させる。
舌骨上筋(顎二腹筋、顎舌骨筋、茎突舌骨筋、オトガイ舌骨筋)口底を形成し下顎骨、舌骨、頸椎上部とを結ぶ。
舌骨下筋(肩甲舌骨筋、胸骨舌骨筋、甲状舌骨筋、胸骨甲状筋) 舌骨を介して顎関節を頚部、肩部、胸部、と機能的に結ぶ。
表情筋(眉毛下制筋、鼻根筋、上唇挙筋、小頬骨筋、大頬骨筋、口角挙筋、笑筋、口角下制筋、下唇下制筋、前頭筋、後頭前頭筋、眼輪筋、上唇挙筋、口角挙筋、口輪筋、オトガイ筋)顔の表情を作る筋肉。食べる、飲む、話すなどはこれらの筋肉が正常に働く必要がある。

関節の中には関節円板と言うクッションの様な物があります。この関節円板は関節を包む関節包(関節の潤滑液を作る、動作補助、関節の位置を情報伝達するセンサー)外側翼突筋、二層部という所とつながっています。この二層部という所が変性を起こすと関節円板が前方にずれて顎に異常がでたりもします。

これらの筋肉、骨、関節内構造のバランスがずれると顎に不調がでてくるのでこのバランスを整えることが大切となります。


顎関節と聞くと顎だけの問題だと思われますが身体全体のバランス、心理的要因なども影響してきます。


顎関節に障害を出す要因はたくさんありますがカテゴリー分けすると、形態学的な観点から骨と歯の解剖学的構造の変化、機能的な観点から神経と筋肉の連動、心理社会的要因の3つの要因があります。


■解剖学的構造要因

骨に関する病因として、関節の位置の歪みやケガによる変形など。かみ合わせに関する病因として歯の位置の不良、歯並びの悪さ、抜歯、つめ物など。

■機能的な要因

筋肉の異常な使い過ぎや中枢神経の障害、歯ぎしりやガムをかむなどの習慣姿勢の悪さからの影響など


■心理的な要因

ストレス、完璧主義、不安性などがあると体に異常がでやすかったりすると言われています

 


最後までご覧いただきありがとうございます。顎にの不調でお悩みなら1度なぎ整体院にご相談ください。

TEL029-306-9550 予約制
住所 茨城県水戸市松が丘2-6-10松が丘ビル101

平日AM9:00〜12:30 PM15:00〜20:00
土日祝AM9:00〜17:00







 

プロフィール

プロフィール画像
院長
加藤 啓之 

1977 3・30生まれ
資格・経歴
ナショナル整体学院卒

神奈川柔道整復専門学校卒(柔道整復師)

柔道整復卒後臨床研修所定科目終了

プライマリーウォーキング指導者協会認定指導員


整形外科4年・接骨院1年勤務経験

自己紹介
水戸市で唯一の美容産後骨盤矯正の専門家、院長の加藤啓之です

自身が腰を痛めた事をきっかけに施術家の道に入りました。
都内の接骨院で1年、神奈川県の整形外科で4年勤務し、H23年5月に水戸市の松ヶ丘にて開業させていただきました。

産後の不調を訴える方が多いにもかかわらず、水戸市には産後専門の骨盤施術をする施術院、子連れでいける施術院がないことに気がつき、一人でも多くのママさんをケアできる場を作ろうと思い、経験、勉強を積み重ねH25年に産後の骨盤矯正の専門的な施術を始めました。

皆様の痛みを少しでも緩和できるよう日々頑張らせて頂いております。現在も数々の技術向上セミナーに参加し、自身を磨き続けております。
趣味
自転車、クライミング

お休みのお知らせ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数