むち打ちの種類について

交通事故の後遺症として代表的な症状がむち打ちです。
むち打ちは時間が経ってから症状が現れることが多く、放っておきがちになる方も多いです。
そんなむち打ちの症状にはいくつか種類があります。

頚椎捻挫型

むち打ち全体の70%〜80%がこの頚椎捻挫型といわれています。
頚椎周りの筋肉、靭帯、軟部組織の損傷によって捻挫を起こした状態になります。
首を伸ばした際に、首の後部や肩に強い痛みがあります。
この痛みによって首の動きも制限されてしまいます。
痛みが現れたときは安静にして無理な動きをしないようにしましょう。

脊髄症状型

むち打ちには軽度のものから重度のものまで様々な症状がありますが、この脊髄症状型はむち打ちの中でも重度のものになります。
むち打ちの外傷が原因となり、髄液が漏れ出し髄液圧が低下することで頭痛、めまい、吐き気、視力障害などが現れます。
脊髄が損傷してしまった場合は、下肢のしびれや歩行障害、膀胱や直腸障害が起こることもあります。
このタイプは時間が経つごとに症状がひどくなってくるので、なかなか回復が見られない場合は早めにむち打ち治療を受けるようにしましょう。

バレ・リュー症状型

後部頸交感神経症候群とも呼ばれる症状です。
椎骨動脈の血流が低下する事によって、頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気、筋肉のコリ、しびれなどが引き起こされます。
目が疲れる、かすむ、喉に違和感がある、声が出づらくなるといった症状も起こりますが、実はむち打ちからつながっている症状となっています。

神経根型

脊髄の知覚神経と運動神経が集まっている場所のことを神経根といいます。
この部分に損傷が起こることで、損傷が起きた部分が支配している場所に症状が現れます。
上位頚椎の場合は大後頭神経の放散痛や神経圧迫、下位の場合は首、肩、腕の放散痛やしびれ、知覚の障害、運動がしにくくなるといった症状が現れます。
このタイプは軽い運動によって症状が和らぐ場合が多いです。
焦らずにゆっくりと改善していくと良いでしょう。

水戸市にてむち打ち治療を受けたいという方はぜひ当院にお越しください。
平日夜間や土日診療も行っています。
むち打ち治療は豊富な実績がありますので、安心して施術を受けることができるはずです。


プロフィール

プロフィール画像
院長
加藤 啓之 

1977 3・30生まれ
資格・経歴
ナショナル整体学院卒

神奈川柔道整復専門学校卒(柔道整復師)

柔道整復卒後臨床研修所定科目終了

プライマリーウォーキング指導者協会認定指導員


整形外科4年・接骨院1年勤務経験

自己紹介
水戸市で唯一の美容産後骨盤矯正の専門家、院長の加藤啓之です

自身が腰を痛めた事をきっかけに施術家の道に入りました。
都内の接骨院で1年、神奈川県の整形外科で4年勤務し、H23年5月に水戸市の松ヶ丘にて開業させていただきました。

産後の不調を訴える方が多いにもかかわらず、水戸市には産後専門の骨盤施術をする施術院、子連れでいける施術院がないことに気がつき、一人でも多くのママさんをケアできる場を作ろうと思い、経験、勉強を積み重ねH25年に産後の骨盤矯正の専門的な施術を始めました。

皆様の痛みを少しでも緩和できるよう日々頑張らせて頂いております。現在も数々の技術向上セミナーに参加し、自身を磨き続けております。
趣味
自転車、クライミング

お休みのお知らせ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数