ぎっくり腰のアフターケア

整体院で股間接周辺にある筋肉をほぐし、歪みを矯正した後は腰へ負担がかかる悪い習慣を改善しましょう。
ぎっくり腰のような急性の腰痛は、骨盤の歪みが関係していますので一度経験すると、クセになって再発してしまう可能性は否定できません。
嫌な腰痛を繰り返さないためにも、アフターケアは大切です。

無理な運動や行動は避ける

あたりまえですが、激しい運動などの腰に負担をかけてしまう動きは控えましょう。
特に重いものを持つなどの行動は避けるようにしてください。運動をしている時の動作で多い、ひねる・反るなどをして腰が痛みそうな予感や、
または違和感があれば迷わす体を休めましょう。筋肉に疲労が蓄積されている時、疲れて弱っている筋肉が損傷して炎症を起こしてしまいます。首や肩の筋肉を緊張させ、めまいを引き起こしかねません。筋肉が炎症を起こしている場合、熱感がありますので冷やしておきましょう。

ストレッチと筋力トレーニング

腹筋と背筋のバランスが悪いと、上半身を支えられなくなり、どちらかの筋力不足によって、体の負荷を腰椎で支えてしまう。これが原因で多くの方が腰痛に悩まされています。
しなやかに動くことで筋肉の負担を軽減でき、筋肉だけでなく骨の強度にも働きかけます。
適切な動きによる筋肉への振動はとても重要なもので、痛みが緩和された時期には軽めのストレッチや体操で体動かすことに慣れさせましょう。ストレッチは血液の流れも良くし、血色の良い明るい肌へと良い影響をもたらせてくれます。しかし腰痛のある状態で体を動かしてしまうと、かえって悪化させてしまう場合があり、うまく力が入らない場合もありますので、整体院でアドバイスをもらい様子を見ながら進めましょう。
腰に負担をかけずにできるソフトな腹筋・背筋トレーニングは欠かせません。

普段の何気ない習慣が原因となる腰痛も多いです。ぎっくり腰は痛みが引いても、再び発生することもあります。痛いと感じることがあれば、我慢せずにすぐに整体院で施術を受けましょう。
当院では腰痛などの痛みに特化した施術は、ストレッチを合わせて筋肉を緩めほぐしていきます。平日は夜間20時まで、土日祝は17時まで営業していますので、お気軽にご相談ください。


プロフィール

プロフィール画像
院長
加藤 啓之 

1977 3・30生まれ
資格・経歴
ナショナル整体学院卒

神奈川柔道整復専門学校卒(柔道整復師)

柔道整復卒後臨床研修所定科目終了

プライマリーウォーキング指導者協会認定指導員


整形外科4年・接骨院1年勤務経験

自己紹介
水戸市で唯一の美容産後骨盤矯正の専門家、院長の加藤啓之です

自身が腰を痛めた事をきっかけに施術家の道に入りました。
都内の接骨院で1年、神奈川県の整形外科で4年勤務し、H23年5月に水戸市の松ヶ丘にて開業させていただきました。

産後の不調を訴える方が多いにもかかわらず、水戸市には産後専門の骨盤施術をする施術院、子連れでいける施術院がないことに気がつき、一人でも多くのママさんをケアできる場を作ろうと思い、経験、勉強を積み重ねH25年に産後の骨盤矯正の専門的な施術を始めました。

皆様の痛みを少しでも緩和できるよう日々頑張らせて頂いております。現在も数々の技術向上セミナーに参加し、自身を磨き続けております。
趣味
自転車、クライミング

お休みのお知らせ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数