肩痛について

肩の痛みを訴える人の多くは外傷(ぶつけた、捻った、伸ばした)がないかぎり、たいがい姿勢の悪さが原因してる事が多くみられます。

姿勢の悪さにより肩が前に出て肩周辺のバランスが崩れ、筋肉が関節周囲でぶつかり痛みに変わります。痛みがなくても肩を動かすとコリコリ音がするのはこのような現象が起こっていると思われます。

主に上腕骨(腕の骨を)を肩甲骨に引き寄せている筋肉は4つあります。後面2つ(棘下筋、小円筋)上面1つ(棘上筋)前面1つ(肩甲下筋)です。上腕骨を上に引っ張っているのは1つで三角筋といいます。

この5つの筋肉で腕の骨を上側と肩甲骨側に引き寄せてバランスをとることで、肩関節内で骨がぶつからず腕が上げられるのです。

姿勢が悪くなると肩甲骨が上に上がって広がり、肩が前に出てきます。そうすると肩関節周囲でうまくバランスをとっていた筋肉郡のアライメントが崩れて腕の骨と肩甲骨がぶつかりやすくなり痛みへと変わっていきます。

多くの人がこのメカニズムで痛みだしていると思われます。


水戸市の、なぎ整体院ではこの様な状態に対して前にでた肩を矯正し、それを支える筋肉の動きをつけてバランスのとれた肩関節に戻し、自然に腕が上がるような状態へと向かわせます。

違う痛み方として急激に腕がまったく動かせないくらいの痛みがでる人もいます。この場合は石灰化といって骨のカタマリの様な物が関節内にできていることが多いです。この場合は炎症がおさまるまで痛みはぬけないので、病院で一度見せる事をお勧めします。

この痛みに関しては肩のバランスは無関係ですが、こういう方の場合も9割は姿勢は悪い状態が見られます。

プロフィール

プロフィール画像
院長
加藤 啓之 

1977 3・30生まれ
資格・経歴
ナショナル整体学院卒

神奈川柔道整復専門学校卒(柔道整復師)

柔道整復卒後臨床研修所定科目終了

プライマリーウォーキング指導者協会認定指導員


整形外科4年・接骨院1年勤務経験

自己紹介
水戸市で唯一の美容産後骨盤矯正の専門家、院長の加藤啓之です

自身が腰を痛めた事をきっかけに施術家の道に入りました。
都内の接骨院で1年、神奈川県の整形外科で4年勤務し、H23年5月に水戸市の松ヶ丘にて開業させていただきました。

産後の不調を訴える方が多いにもかかわらず、水戸市には産後専門の骨盤施術をする施術院、子連れでいける施術院がないことに気がつき、一人でも多くのママさんをケアできる場を作ろうと思い、経験、勉強を積み重ねH25年に産後の骨盤矯正の専門的な施術を始めました。

皆様の痛みを少しでも緩和できるよう日々頑張らせて頂いております。現在も数々の技術向上セミナーに参加し、自身を磨き続けております。
趣味
自転車、クライミング

お休みのお知らせ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数