むち打ちの怖さとは?

日常生活で欠かせない移動手段に車があります。
日本では、多くの方が車を毎日使用しています。便利で必要不可欠なものではありますが、毎日どこかで車による交通事故は起きています。
交通事故で外傷を負えばすぐに痛みは分かりますがむち打ちは、事故に遭った本人が症状に気つかずそのままにしてしまうこともいます。
また、むち打ちは、気がつきにくいだけでなく、MRI・レントゲンにも映らないので発見しにくいです。
しかし、むち打ち治療を受けずそのままにしておくと大変危険な場合もあります。
そのため交通事故後、自身の体で何か異変を少しでも感じたら早めに対処するようにしましょう。
こちらでは、むち打ちの怖さについてお話したいと思います。

むち打ちの怖さは分かりにくいこと

交通事故で外傷がない場合、外傷がないからと言って安心する方がほとんどです。交通事故当日に痛みがなく、普段と同じように日常生活を送っていても数日後に症状が現れる場合もあります。
軽症だから良かったと安心していてもこのように後日、痛みがでることも考えられますので、事故に遭った場合、しばらくの間は自身の体の様子を見るようにしてください。
早い段階で症状に適した施術を行わなければ、むち打ちは慢性化し、他の部位にも負担をかけてしまうことにもなりかねません。
後遺症を避けるためにも、交通事故に遭ったら絶対にそのままにしておかないようにしましょう。

むち打ちによる後遺症

首・靭帯・筋にも影響を与えてしまうむち打ちは、少しでも傷をつけてしまったら後遺症として残る場合もあります。それは、首・靭帯・筋には、複雑で重要な神経が数多くあるからです。
症状は人によって異なり、少しの運動や仕事をしただけでも悪化する、天候の変化に左右されるなど、症状だけでもいろんな症状を挙げることができます。

むち打ちは他人からは分かりにくい症状でもあり、理解されにくいことから精神的に負担をかかえてしまう人もいます。そうならないためにもむち打ちをしっかりと理解することが大切です。

水戸市にある当院は、交通事故のむち打ちをはじめ、腰痛、骨盤矯正など整体の専門院です。
平日お忙しい方でもご利用しやすいよう、夜間、土日診療も行っております。
どうぞお気軽にご利用ください。


プロフィール

プロフィール画像
院長
加藤 啓之 

1977 3・30生まれ
資格・経歴
ナショナル整体学院卒

神奈川柔道整復専門学校卒(柔道整復師)

柔道整復卒後臨床研修所定科目終了

プライマリーウォーキング指導者協会認定指導員


整形外科4年・接骨院1年勤務経験

自己紹介
水戸市で唯一の美容産後骨盤矯正の専門家、院長の加藤啓之です

自身が腰を痛めた事をきっかけに施術家の道に入りました。
都内の接骨院で1年、神奈川県の整形外科で4年勤務し、H23年5月に水戸市の松ヶ丘にて開業させていただきました。

産後の不調を訴える方が多いにもかかわらず、水戸市には産後専門の骨盤施術をする施術院、子連れでいける施術院がないことに気がつき、一人でも多くのママさんをケアできる場を作ろうと思い、経験、勉強を積み重ねH25年に産後の骨盤矯正の専門的な施術を始めました。

皆様の痛みを少しでも緩和できるよう日々頑張らせて頂いております。現在も数々の技術向上セミナーに参加し、自身を磨き続けております。
趣味
自転車、クライミング

お休みのお知らせ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数