交通事故で被害に遭った場合

普段気をつけていても、事故に巻き込まれてしまうことはあります。相手に非がある場合、交通事故治療費は全額負担してもらえますが、むちうちはレントゲンなどの画像に写りません。

完全に相手に非がある場合

交通事故治療を受ける場合には、自賠責保険か任意保険のいずれかで医療機関に通院できます。
このような問題は、事故治療費などの損害賠償を加害者が契約している保険会社が、被害者の通院する医療機関へ直接支払います。自由診療が一般的のようですから、立て替える心配はありません。

自賠責保険

バイク・自動車を運転するすべての者が加入を義務づけられている保険です。
被害者が最低限の補償を受けられるよう、国が運営しています。これは被害者救済の対人補償制度ですから、車両は対象とされません。

任意保険

自賠責保険で補償されない対物・車両まで補償をカバーします。万が一の事故で損害賠償額を満たせない場合にも対応してくれます。

過失相殺となる場合

被害者にも過失があると判断された場合は、交通事故治療費の過失相当分を自分で負担することになります。

交通事故に遭った場合、医療機関だけでなく接骨院に通うケースもあります。もちろん保険金支払いの対象となっています。医療機関で検査をした際、特に異常が見られなかったということで、飲み薬やシップを処方されることがあります。それはむちうちがレントゲンに写らないからです。
椎骨動脈周囲の自律神経が損傷していれば、頭痛だけでなくめまい、しびれ、耳鳴りが襲ってきます。
きちんと申告すれば医療機関から接骨院への変更もできますので、ご自身の症状にあった改善策をきちんと見つめなおしましょう。

水戸市にあります当院は、痛みに対する施術を専門としていますので、水戸市近郊の方はお気軽にご相談ください。交通事故の場合、夜間20時を過ぎていても相談が可能です。


プロフィール

プロフィール画像
院長
加藤 啓之 

1977 3・30生まれ
資格・経歴
ナショナル整体学院卒

神奈川柔道整復専門学校卒(柔道整復師)

柔道整復卒後臨床研修所定科目終了

プライマリーウォーキング指導者協会認定指導員


整形外科4年・接骨院1年勤務経験

自己紹介
水戸市で唯一の美容産後骨盤矯正の専門家、院長の加藤啓之です

自身が腰を痛めた事をきっかけに施術家の道に入りました。
都内の接骨院で1年、神奈川県の整形外科で4年勤務し、H23年5月に水戸市の松ヶ丘にて開業させていただきました。

産後の不調を訴える方が多いにもかかわらず、水戸市には産後専門の骨盤施術をする施術院、子連れでいける施術院がないことに気がつき、一人でも多くのママさんをケアできる場を作ろうと思い、経験、勉強を積み重ねH25年に産後の骨盤矯正の専門的な施術を始めました。

皆様の痛みを少しでも緩和できるよう日々頑張らせて頂いております。現在も数々の技術向上セミナーに参加し、自身を磨き続けております。
趣味
自転車、クライミング

お休みのお知らせ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

ブログ

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

カテゴリー

QRコード
携帯用QRコード
アクセス数
ページビュー数